薬剤師 院内 特徴

院内の薬剤師の特徴について

薬剤師,院内,特徴

最近は開業医は別としても大病院の多くは院外処方が主流となり、病院の中でも薬剤師の業務の範囲も大分制限されてきて、大病院の多くの院内処方の薬剤師の業務の特徴としては夜間の救急患者の薬の処方や入院病棟の患者の院内処方など院外処方が不可能な患者の薬の処方がメインの業務になっています。 その為時間も不規則な事も多いですし、緊急の処方も多い事から時間的な拘束のない人材を募集している病院も多い為まさに薬剤師の資格を取得した人にとっては典型的な売り手市場とも言えるでしょう。しかし職場環境の問題からも医師や看護師程ではないにしても人手不足の問題は相変わらず深刻な問題でもあり、院内処方の薬剤師を目指す人も少ないのが現状です。 しかし不規則な業務時間や職場環境を考えなければ、病院としては求めている人材の一つですので薬剤師を目指す人には採用される確率もかなり高いですので資格を取得して職場の雰囲気や仕事の内容を学ぶ場所としては最適な場所とも言えますので、この仕事で暮らしていきたい人には必ず後々役に立つ体験ですので勉強する場所としては最適な環境でこの環境でこなせる人は他の職場に転職しても自信を持って仕事をして行ける環境とも言えるでしょう。 19

薬剤師が院内にいることのメリットとは

薬剤師,院内,特徴

病院で薬を処方する際、その病院内で薬を渡す「院内処方」と、他の調剤薬局で処方してもらう「院外処方」がありますが、薬剤師を常勤で置いている病院は、前者の方法を採っています。 この方法には、まず「薬代が安い」というメリットがあります。 その大きな要因は、国が推進してきた「医薬分業」政策です。 医薬分業とは、処方箋を作る所と調剤を行う所をはっきり分けようという考え方のことですが、その第一の目的は「患者の薬漬けを防ぐ」という物です。 一つの病院で処方まで行うと、患者に過剰な薬を投与してしまうおそれがあるからです。 分業することで、薬剤師が処方箋をチェックし、気になる点があれば薬剤師から医師に確認をとることで、適切な量の薬を処方することができるようになります。 そこで、国は院外処方を推進するため、こちらのほうが利益が高くなるよう点数計算体系を設定したのですが、その結果、院外処方のほうが薬代が高くなってしまい、相対的に院内処方のほうが安くなったというわけです。 他にも、「わざわざ別の場所の調剤薬局まで行く必要がない」ということや、薬の在庫がないということはまずないため、「薬の取り寄せで待たされることがない」ことなどもメリットと言えます。 20